aga治療とはどんな治療かを詳しく解説します

aga治療の内容として挙げられるのは、医薬品を服用する内服療法、頭皮に薬剤を塗布する外用療法、植毛手術などといった外科的治療法などがあります。治療方法を選び間違えなければ、医薬品を使った内服療法や、外用療法については割合高い効果を得ることが期待できるというのが特徴になります。普段の生活習慣を見直したり、ストレスを軽減させるのと同時に、薬剤を使って治療を継続することによって効果が高まることが期待できます。また生活習慣を見直すことに重きを置いて、食事療法を取り入れた治療が行われる場合もあります。そして、東洋医学を応用した治療方法も確立されつつあります。指圧や、マッサージ、針灸などの技術を応用して、中枢神経や脳を活性化させて、本来身体が持つ治癒力を高めながら、髪の毛本来の健康を取り戻す方法になります。

フィナステリドとミノキシジルの効果

aga治療が一般的になってきた原因の一つに、フィナステリドや、ミノキシジルといった成分の効果が解明されたことが挙げられます。フィナステリドが主成分となっている医薬品はagaを引き起こす原因となるジヒドロテストステロンの働きを妨げる効果を期待することができるので、額の生え際が後退するM字型の薄毛に特に効果が期待できます。ミノキシジルが主成分となっている育毛剤は、頭皮の血液の流れを改善させる効果が期待できるため、O字型の薄毛に特に効果が期待できます。フィナステリドは前立腺肥大症を治療する医薬品として研究されていた成分で前立腺肥大症の症状に悩んでいた患者さんに投与したところ発毛効果が認められagaの治療に使われるようになりました。ミノキシジルの方は血圧を下げる医薬品として研究されていた成分になります。

フィナステリドとミノキシジルの副作用

aga治療に使われる医薬品には、副作用を引き起こすことがあります。フィナステリドが主成分の医薬品の副作用として挙げられるのが、勃起不全や、性欲の減退、精子の量が減少するなどといった男性としての機能が低下してしまうことがあるので、お医者さんの診察を受けてから処方してもらう必要があります。ミノキシジルは主成分の育毛剤の副作用として挙げられるのは、動悸や胸の痛みなどになります。そのため、心臓に関係する疾患を患っている方や高血圧の症状がある方は、お医者さんや薬剤師の方に相談する必要があります。そして、頭皮に塗布した部分が、痒くなったり、かぶれたりすることもあります。M字型の薄毛の症状と、O字型の薄毛の症状が両方ある方の場合は、両方の薬剤を利用する可能性がありますが副作用を引き起こす可能性が二倍になるため、充分にお医者さんや薬剤師の方と相談する必要があります。

もともと高血圧治療剤だったミノキシジルですが、今は薄毛の治療薬としても広く使われています。 AGAとは男性型脱毛症のことです。 ハミルトン・ノーウッド分類とは、米国の医師が分類したAGAの進行を確認する指標のことです。 agaは進行性!治療しないと髪の毛が減り続けます。 将来のために遺伝子検査だけを受けることも可能です。 メスや注射を使用しない治療を行います。 aga治療の専門クリニックなら【池袋AGAクリニック】へ