aga治療に関する最新情報を集めました

現在aga治療に使われている薬には、プロペシア(一般名はフィナステリド)と、リアップ(ミノキシジル)があります。リアップは薬局でも手に入ります。薬局の店頭には時々広告ののぼりが置いてあったりします。プロペシアは限られた医療機関でしか手に入らないことが多いです。aga治療では、一般的には軽症ならリアップ、中等症以上であればプロペシアを使うことが多いです。プロペシアを1日1錠3年間服用すると、約72%で改善が見られ、約97%が進行を食い止めることができたと報告されています。そのプロペシアのジェネリックが、近年ゾロゾロと発売されています。これは、aga治療費の捻出に苦労している人や悩んでいる人にとっては、非常にうれしい事でしょう。ファイザー製薬が2015年2月19日に製造販売の承認を取得し、2015年4月6日より発売が開始されています。

現在ある、プロペシアのジェネリック

ファイザー製薬がプロペシアのジェネリックを発売してからは、ゾロゾロとジェネリックが登場します。製薬会社の社員などはジェネリックのことを「ゾロ」と呼ぶことが多いのですが、これはゾロゾロと次々にジェネリックが登場するからだそうです。その後は2016年に沢井薬品からジェネリックが発売され、それに続いてクラシエ、東和薬品がジェネリックを発売しています。プロペシアの市場規模は2014年度が170億円であったと言われています。この金額は夢のインポテンツ治療薬と言われた、あのバイアグラの約3倍と言われているので、まだまだこの後にゾロゾロとジェネリックが出てくるだろう、と噂されています。キッセイ薬品や富士化学工業、武田テバ薬品が発売を考えている、発売の準備中だ、と言う噂も飛び交っています。

薬価の相場も下がってきています

プロペシアは発売当時1錠当たり250円ほどしました。それをファイザー製薬がジェネリックを発売してからは約20%も相場がダウンしています。さらに2016年4月に沢井製薬やクラシスがジェネリックを発売し、そこからさらに20%ほど相場がダウンしています。今ではプロペシアのジェネリックの相場は1錠当たり134円から175円にまで下がりました。1錠当たり110円ほどでも毎日何年間も服用するお薬ですから、365錠で4万円以上も違ってきます。ちりも積もればという諺通り、4万円も違うと旅行くらい行けますね。これはaga治療を受けている人には、とても嬉しい話でしょう。まだまだゾロゾロと、ジェネリックが各社から発売されると思われます。さらに価格が下がる可能性もあります。